活動の経緯
 ハンディキャブを走らせる会は、世田谷区が主催する「障がい者青年学級(けやき学級)」の送迎を考えることから、けやき学級のメンバー自身が、前身である「世田谷ハンディキャブ実行委員会」からリフト付き車両(ハンディキャブ)を譲り受けて1985年に発足しました。
 その後、24時間テレビチャリティ委員会や日本財団、福祉医療機構、世田谷区などから福祉車両の寄贈を受けて、現在は3台の車両を保有しています。
 当初は募金やバザーなどで活動資金を集め、車両の貸出による運行を行っていましたが、1991年より東京都地域福祉振興事業(現在は世田谷区に移管)の助成を受けるようになり、専任のコーディネーターを窓口とした運転協力者による運行を始めました。
 2002年に特定非営利活動法人の登録を行い、2004年には福祉有償運送事業の許可(現在は登録)を得て現在に至りますが、ボランティアらしい活動スタイルを今も続けています。


 
お知らせ
《ボランティアスタッフ募集中》
会を支えてくださるボランティアさんを現在募集しています。運行に携わる事務作業をにご興味いただける方は是非ご連絡ください。
《利用者さんの送迎をしてくださる運転ボランティアさんを募集しています!!》

車が好きで人と話すのがお好きな方、また地域のイベントにご協力いただける方も、是非お気軽にご連絡ください。

ご連絡は下記までお願いいたします。

hasiraserukai@hasiraserukai.com

◆毎週第1,3 土曜日 13:30-15:30
   事務所にて運営会議を開催しています。